女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

2014年7月の終わりにビーグレンのヌーディヴェールを購入し、約1週間の使用で体験レビューを書きました。化粧下地としても美容液としても優秀で、ちゃんとお化粧をする日は手放せなくなっています!

ヌーディヴェール
ビーグレンの商品は365日間の返品が可能なので、使用をしてみて合わなかったら返品してしまおうと思っていました。税込みで5,076円と、主婦には少し値が張りますしね。しかし、非常に気に入ってしまったので、今はリピをすることしか考えていません(笑)。

—追記(ここから)—

ビーグレン商品は『QuSomeローション』『Cセラム』『QuSomeモイスチャーリッチクリーム』『ヌーディヴェール』の3品を愛用しています。『ヌーディヴェール』はお出かけ用のファンデとして使用し、上からビューティフルスキンの『ミネラルフィニッシングパウダー』を重ねています。

—追記(ここまで)—

肌が汚くても美肌を演出する優れもの

どんなに頑張ってスキンケアをしていても、肌は一定の状態を保ってくれませんよね?丁寧にスキンケアをするようになった今も、生理前はどうしてもホルモンバランスが崩れて少し肌が荒れます。

Nuzengo
毛穴や汚れなどが目立ちますが、パール1粒分だけで十分にカバーできてしまいます。これでパウダーを乗せれば(私はいつもミネラルファンデーションを使用)、コテコテのファンデーションを使用するよりも自然体の肌ができ上がります。

Nutohuzen
毛穴と汚れが目立ちやすい鼻の部分ですが、サッとひと塗りをしただけで別人の肌のようになります。さすがにブラックマヨネーズの吉田さんのようにデコボコがひどい肌だとカバーは難しいと思いますが、加齢による毛穴目立ち・くすみは気にならなくなります。

実は、ヌーディヴェールは夫に評判がいいです(サラッとしているのがいいのだとか)。友人にも「ファンデーションを変えたの?」と言われますし(ファンデは変えていません!)、うれしくてつい鼻の穴が開いてしまいます(笑)。

今までは化粧下地はそれほど重要視していませんでしたが、優秀な化粧下地を使っていれば毛穴を隠すようなファンデーションを使う必要がないとよく分かりました。ヌーディヴェールは肌への負担も少ないので、安心して使用ができています。

ヌーディヴェールの詳細はこちら

大きなシミはちょっと工夫が

化粧下地としては優秀なヌーディヴェールですが、さすがにコンシーラーの代わりにはなりません。

nutohuzenk

薄くて小さなシミくらいならカバーができますが、数ミリもあると隠しきれません。しかし、写真でも分かる通り、シャイニングパール効果のおかげで肌は奇麗に見せられます。

目立ちすぎる大きなシミには、普段のベースメイクで使用しているコンシーラーで隠してしまいます。←日々のケアのおかげで徐々にシミが目立たなくなっており、現在はヌーディヴェールだけで目立たなくなりました。

私のようにファンデーションが苦手な方は、コンシーラーを使うという工夫が必要になります。反対に、コンシーラーが苦手な方はファンデーションにひと工夫が必要になるでしょう。

ヌーディヴェールはくすみ・毛穴落ち・化粧崩れに力を貸す化粧下地なので、濃いシミをカバーしたい方には向いていません。

※マイクロスコープで見ると濃いシミですが、このブログを始めてからスキンケアの仕方を変えたので、肉眼では以前よりも目立たなくなってきました。

美容液効果で乾燥しないところが一番のお気に入り

ヌーディヴェールを購入したのは夏だったので、肌は常にうるおっている状態でした。インナードライ肌の私は、湿度が下がってくるとUゾーンのカサつきがいつも気になっていました。体験レビューを書いた時はうるおいを保つのは不可能だと思ったのですが、時間ととも乾燥が目立ちやすくなる秋口になった今は「優秀だわぁ」という気持ちでいます。

ヌーディ―ヴェールは化粧下地でありながら、美容液の役割も果たしてくれるのです。ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeが美肌成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を浸透させてくれるので、美容液をまとっているのと同じ状態になります。

夏に比べて肌の水分量が減少してきているのですが、ヌーディヴェールを使用した時の肌は夕方になっても30%台50%台(2016年10月現在)をキープしてくれています。肌がカサカサしてくるようなこともありません!

本格的な冬に入ってからが勝負だと思っていますが、とりあえずは秋口にカサカサ乾燥が起こらないのは非常に気に入っています。Tゾーンのテカリもほとんど起こらなくなったので、外出中に肌の状態をチェックする回数が減りました。

使用を開始した時は美肌の演出に一役買ってくれる部分を気に入りましたが、今は乾燥しないところが一番のお気に入りとなりました。これで冬の乾燥も防げたら完ぺきです。←冬の間も肌が乾燥をすることなく越せます!

4つの法則満足度
夕方になってもくすまない
時間がたっても崩れない
ムラにならない
使うほどに美しい肌へ

※「使うほどに美しい肌へ」の満足度は1ptアップ!!

「化粧下地に5,000円も出していられない!」と思っている方には、ぜひ考えを改めていただきたいと思います。スキンケアにお金を掛けても、日中のケアができていなかったら無駄な努力になります。

スキンケアは基本的に朝晩しか行わないので、どんなに保水力があっても蒸発をしてきます。その間の保湿は化粧下地に任せた方が肌のためになります。スキンケアと化粧品の両方にお金を掛けられないのであれば、スキンケア用品よりも化粧下地にお金を掛けることをお勧めします。

ヌーディヴェールの詳細はこちら

※こちらの記事は、過去の記事を加筆修正しております。