女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

洗濯物を外に干す時やゴミ捨て時、近所への買い物時などの紫外線対策は十分にできていますか?外出時は完ぺきでも、「面倒でつい…」「忘れてしまいがち」「短時間だから気にしていない」という方は多いと思います。

春夏の強い紫外線は一気にシミ・シワ・たるみを作り出し、一年後には対策が万全な人との差は大きくなります。スキンケアだけではケアできない紫外線によるダメージ対策を、日常的な場面でもしっかり行っていきたいものです。

2015年、アンプルールのラグジュアリーホワイトVCシリーズに、春夏限定の日焼け止めスプレー『VCサンプロテクトスプレー』が登場しました。ただの日焼け止めスプレーではありません。3種のビタミンC誘導体&保湿成分入り日焼け止めスプレーです。

ラグジュアリーホワイトVCサンプロテクトスプレー[春夏限定]
ちょっとお高いのが難点ですが、肌を守りながら美しさを与えてくれる点に注目して購入してみました。

VCサンプロテクトスプレーの使用感

IMG_2444
無色透明なので、写真に写したところで変化は分からないと思いますが、しっとり感は伝わっているでしょうか?

VCサンプロテクトスプレーは国内最高レベルのUVカット(SPF50+/PA++++)が可能な商品です。

「SPF50+/PA++++」ともなるとお肌に負荷がかかるレベルですが、キシキシすることは一切ありません。それどころか、美容液をつけた後のようにうるおいが感じられます。

ampsp
しっとりしているのにベタつきはなく、肌表面のサラサラ感があります。

ウォータープルーフなので、水を続けて30秒かけてもしっかりと弾いてくれます。石けんで洗うと完全に洗い流せました。

さすがにプールや海などのレジャーには向きませんが、朝の家事(洗濯物干し・庭仕事・ゴミ出し・玄関やベランダの掃除など)の時には大活躍しています。

私ごとですが、朝の家事が終わるまでは洗顔もお化粧もしない主義なので、ササッとつけられるVCサンプロテクトスプレーがあると助かります。

<ラグジュアリーホワイトVCサンプロテクトスプレーの全成分>
LPG、水、シクロペンタシロキサン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(紫外線吸収剤/UV-Bの吸収)、水添ポリイソブテン、パルミチン酸エチルヘキシル、ポリメチルシルセスキオキサン、オクトクリレン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線吸収剤/UV-Aの吸収)、BG、ポリシリコーン-14、トリメチルシロキシケイ酸、オクテニルコハク酸デンプンAl、PEG-10ジメチコン、PEG/PPG-19/19ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、グリチルリチン酸2K(抗炎症/肌荒れ防止)テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体-抗酸化,コラーゲン生成の促進,メラニン生成の抑制)ビスグリセリルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体-コラーゲン生成の促進,メラニン生成の抑制)、グリセリン、アスコルビルグルコシド(ビタミンC誘導体-メラニン生成の抑制,抗炎症)、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51(リピジュア/保湿-ヒアルロン酸の約2倍)ツボクサエキス(ハリ)、チャ乾留液、ペンチレングリコール、加水分解コラーゲン(浸透型コラーゲン)、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、アイ葉/茎エキス、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、エタノール、フェノキシエタノール、香料

美白・エイジングケアに定評のあるアンプルールだから、日焼け止めスプレーなのにスキンケアレベルの成分がたっぷり含まれています。特に、手の紫外線ケアは怠りがちなので、水仕事中でもうるおいをキープしてくれるのはありがたいです。

要注意!!

非ステロイド系抗炎症薬『NSAIDs』を使用している方は、使用成分のオクトクリレンと併用をすると光線過敏症の副作用が強まるそうなので、使用は控えてください(多くの日焼け止めに使用されているので要注意)。
(参照:消炎鎮痛薬の外用剤による光線過敏症とは?

うるおう日焼け止め『アンプルール VCサンプロテクトスプレー』

VCサンプロテクトスプレーのメリット・デメリット

<デメリット>

  • 満遍なく肌に付着しているかどうかが分からない。
  • 紫外線吸収剤が使われている。
  • 香りが苦手な方には使えない。

◆付着について
無色透明なので、紫外線から守りたい部分にしっかりとついているのが確認できません。スプレー後に手で伸ばせばムラは解決できますが、手が汚れないという利点からはかけ離れる気がします。

しかし、スキンケア成分のおかげで手の保湿ができるので、ポジティブに考えれば伸ばすのも悪くありません。

◆紫外線吸収剤について
最近の日焼け止めは、紫外線吸収剤フリーのノンケミカルタイプが主流となっています(紫外線吸収剤が刺激になる人もいるため)。

アンプルールのVCサンプロテクトスプレーはシルク由来の成分で紫外線吸収剤をコーティングしているので、肌への刺激は非常に低くなっています。使用感も良いので、あまりデメリットにはならないかもしれません。

◆香りについて
嫌いな人が少ないシトラス系の香りですが、苦手な方にとっては不快になる可能性があります。残り香が少ないのであまり気になりませんが、無香料タイプが発売されることを願っております。

<メリット>

  • 塗る手間が省けるため、忙しい時でも確実にUVケアができる。
  • 外出先でもサッと使用ができる。
  • ボディーの美肌ケアができる。

◆UVケアについて
紫外線から守りたい部分にシュッと吹きかけるだけでいいので、しっかりと塗っている時間がない時でもUVケアが可能です。手間がかからないので、小さなお子様がいて十分なケアができないママにもおすすめできます。

◆外出先でのUVケアついて
汗をかいた後やUVカットを強化したい時など、クリームタイプの日焼け止めを使えない場面で重宝します。UVグッズ(日傘・帽子・アームカバーなど)が使えない場面でも役に立ちます。

◆美肌ケアについて
肌を老化から守る3種のビタミンC誘導体の他に、水で流しても保水効果が落ちないと言われているリピジュアが含まれているので、UVケアをしながら美肌ケアもできてしまいます(実際に肌の調子も良い)。

最強のSPF値とPA値でありながら石けんやボディーソープで簡単に落とせるので、肌に刺激を与えずに済むのもおすすめポイントです。

※使用感・メリット等は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

VCサンプロテクトスプレーの評価とお勧めできる方

個人的な総合評価:星4個4

お勧めできる方

  • 朝の家事(洗濯物干し・庭仕事・ゴミ出し・玄関やベランダの掃除など)の時に気軽に使える日焼け止めを探している方
  • 肌に負担をかけない国内最高レベル(SPF50+/PA++++)の日焼け止めを探している方
  • 体のスキンケアもしっかりと行いたい方

販売価格は税込みで2,160円と高めですが、美肌効果が感じられるので使って損はないです。レジャーの時や絶対に日焼けをしたくない部分にはクリームタイプと併用すればいいだけなので、常備しておくと完ぺきなUVケアが可能になります。

アンプルール『VCサンプロテクトスプレー』の詳細はこちら

この記事を読まれた方に人気のある記事です。