女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

『uruotte(うるおって)お試し2本セット』のレビュー第二弾です。無香料タイプを8日間で使い切った後、アロマタイプのノーブルフラワー&ツリーをお試ししてみました。

uruotte(うるおって)無香料のレビューはこちら

IMG_2010
本当の意味でリンス不要・コンディショナー不要を求めているなら、ノーブルフラワー&ツリーを選ぶべきだと思いました。

uruotte(うるおって)の欠点はここ

uruotte(うるおって)の最大の欠点は、無香料・アロマ香り付(ノーブルフラワー&ツリー)のどちらを使用してもシャンプーをして洗い流すだけでは毛先がきしんでしまうことです。しかし、使い方を工夫するだけでリンス不要・コンディショナー不要の状態に持って行くこともできます。

洗い方による毛先の変化
  • シャンプーをして洗い流すだけ:確実にパサつく
  • シャンプー後に2分の泡パック:量を多めに使用すればパサつきは起こらない
  • 二度洗い(洗髪+毛先にシャンプーをなじませて流す):しっとりとまとまる

実際に自分の髪で試してみたところ、洗い方によって大きな違いが出ました(翌日の髪の様子も全く違います)。

@コスメやuruotte(うるおって)を使用した方たちの口コミを読んでみたら、シャンプーだけで納得の仕上がりになる方と私のようにパサつきが起こる方に二分されていました。

「なぜこんなにも違いが出るのかな?」と思ってチェックしていたら、白髪染めやカラーリングなどで髪にダメージを与えている人たちは少なからずパサパサしてしまうのだと判明しました。

以下の写真は、uruotte(うるおって)を購入した時に同封されていた「アミノ酸シャンプーは、こんな方に向いています!」というアミノ酸シャンプーの特徴です。

IMG_2037
私の髪はそれほど痩せてきてはいないので、いまだにハリ・コシの出具合は分かりません。しかし、洗髪時やブラッシング時の抜け毛は減りましたし、頭皮のかゆみも一切起こりませんでした。

右下に書かれている「アミノ酸がダメージ補修/カラー長持ち」と書かれている点は、お試しセットだけでは修復できないということが分かります。uruotte(うるおって)の公式サイトには「頭皮のサイクルに合わせてまずは2か月間じっくりお試しください」と書かれているので、ダメージを受けやすい毛先の部分をサラサラにするには、時間を掛けて使用をしていかなければならないのでしょう。

「まずは試してみないと」と思ってお試しサイズを購入してしまうと、思い通りの髪質には至らないのが大きな欠点かなと思います。

ノーブルフラワー&ツリーなら時短&ツヤ髪が可能

あまり納得のできないまま無香料タイプが終了してしまったので、ノーブルフラワー&ツリーは恐る恐る使ってみた部分があります。しかし、使ってみて驚きました。確かにシャンプーだけではきしみますが、しっとり感は全然違いました。

uru2
どちらも二度洗いをした翌日の様子ですが、ノーブルフラワー&ツリーを使用した方(写真・下)がツヤのある毛先の落ち着いた仕上がりになっているのが分かります。

<uruotte(うるおって)無香料の全成分>
水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドDEA、ホホバ種子油、グリチルリチン酸2K、オウバクエキス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、ポリクオタニウム-10、BG、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

<uruotte(うるおって)ノーブルフラワー&ツリーの全成分>
水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドDEA、ホホバ種子油、グリチルリチン酸2K、オウバクエキス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキスパルマローザ油、イランイラン花油、ラベンダー油、ゼラニウム油、レモン果皮油 、ローズウッド木油、ハッカ油、ベルガモット果実油、ポリクオタニウム-10、BG、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール


2つの成分は洗浄成分・ホホバオイル・18種類の和洋漢植物エキス(黒太字)は一緒ですが、ノーブルフラワー&ツリーは香りの元ともなっている8種の精油(緑太字)が含まれている分だけしっとり感が増すことが分かります。

上記の通り、シャンプーの一度洗いだけではきしんでしまいますが、泡パックの後も二度洗いの後もノーブルフラワー&ツリーを使った方が時短&ツヤ髪作りには向いています。

金額としては香り付の方がほんの少し高いのですが、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を使用したり別のリンス・コンディショナーを使用したりといったことを考えると、ノーブルフラワー&ツリーの方が経済的です。

約2か月分(260ml)⇒無香料:2,592円、アロマ:3,240円
詰め替え(500ml)⇒無香料:4,104円、アロマ:5,184円


uruotte(ノーブルフラワー&ツリー)の詳細はこちら

ノーブルフラワー&ツリーと無香料 選ぶ基準を作る

uruotte(うるおって)を選ぶ基準は大切です。ノーブルフラワー&ツリーと無香料のどちらを選ぶべきか、使用感を参考に書き出してみました。

uru3
ノーブルフラワー&ツリーには8種の香りが混ざっていますが、イランイランとベルガモットの香りが強く香ってきます。エキゾチックな香りとも言えるので、苦手な方もいるかもしれません。

香る時間は意外に短く、翌朝にはほぼ香ってこないので、うるおい・ツヤ・スタイリングの良さを重視したい方はノーブルフラワー&ツリーを選ぶことをお勧めします。

uru4
お子様のいる家庭や妊娠中で香りを嗅ぎたくないという方は無香料を選んでください。ただし、少しでもダメージのある方は、シャンプー後に工夫が必要になります。

公式サイトはこちら

長いレビューを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!