女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

HANAオーガニック『7日間トライアルセット』を使い切った後の本商品購入第二弾のレビューをします。今回はオールインワン乳液でもある『ムーンナイトミルク』についてです。

HANAオーガニック『7日間トライアルセット』の体験レビュー

IMG_2569
HANAオーガニックのパッケージは、プレゼントにも向いていますね!

結論から言いますと、長期間にわたってケミカル化粧品を使用してきた肌には、全てのケアを一気にオーガニック化粧品に変えるのはハードルが高過ぎると感じました。

HANAオーガニック『ムーンナイトミルク』のメリットとデメリット

IMG_2570
私にとっては人生初のオーガニック化粧品なので、まだ比較のできる商品がありません。

お化粧を始めた20歳から18年もの間、スキンケア用品はドラッグストアやコンビニエンスストアで購入できる化学化粧品を使ってきました(昨年から1年は高級スキンケアを使用)。それらに比べると、うるおいや効果の出方に関する物足りない感じは否めません。

化学化粧品とオーガニック化粧品のスキンケアとしての目的が違うので、色眼鏡をつけずに本音を書いてみました。

『ムーンナイトミルク』の使用感

IMG_2573
『ウェアルーUV』と同様に、ポンプ式の容器に入っています。非常に使いやすいですが、やはり中身の減り方が分からないのは欠点だと思います。

IMG_2623
1プッシュの量です。普通肌・脂性肌なら2プッシュ、乾燥肌・敏感肌なら3プッシュがちょうどいいかと思います。肌の再生力が高い方は、1プッシュでも十分にうるおうかもしれません。ちなみに、私は夜のみ2プッシュで使用をしています(まだ脱ケミカルの勇気はありません)。

15skincare2_1
HANAオーガニックの基礎化粧品は『フローラルドロップ(化粧水)』『ムーンナイトミルク(乳液)』『アーユスオイル(美容オイル)』の三点です。基本のケアとして推奨されているのは、『フローラルドロップ(化粧水)』と『ムーンナイトミルク(乳液)』の2つになっています。

トライアルセットを使用した時に、春夏は『ムーンナイトミルク』だけで十分だと判断し、今回は乳液だけ購入しました。『ムーンナイトミルク』だけでも十分にケアはできますが、『フローラルドロップ』を使用した方が浸透感は上がるような気がしました(あくまでも私の実感です)。

エイジングケアに向いているのか?

オーガニック化粧品のなかでも、バラを主としている商品はエイジングケア(シミ・くすみ・シワ)に向いているとされています。バラの香りに女性ホルモンを高める働きが見付かっているからです。

diagram05
HANAオーガニックの『ムーンナイトミルク』の主成分は、ダマスクバラから抽出したローズウォーターです。

老化によって出現したシミ・シワ・たるみに成分の集中砲火を浴びせるのではなく、老化を進める三つの原因にアプローチして肌そのものの再生力を取り戻すエイジングケアとなります。

198527952_org自律神経の乱れ
198527952_org常在菌バランスの乱れ
198527952_org酸化

2015年2月のリニューアルの際には肌にある善玉菌のエサになる成分「バイオエコリア(特殊なオリゴ糖)」も配合され、肌が持つ免疫力を高めるコスメへと変化しました。バラの持つ力と「バイオエコリア」による肌の育菌機能により、まだ残っている再生力によって老化を食い止める肌を作っていきます。


ダイエットを想像してみると分かるでしょう。食事を改善せずにハードな運動で痩せても、やめた途端にリバウンドが起こりますよね?反対に、適度な運動をしながら食事を改善していくと、リバウンドは起こりにくくなります。とてつもなく時間が掛かりますが、体にとって安全なダイエットは後者になります。

moonkime
2週間(夜のみ)続けた後の肌のキメです(トライアルから続けての使用なので計3週間)。右はうるおいの基準と言われている二の腕のキメです。

二の腕は紫外線や摩擦の影響を受けにくいため、誰でもキメが整っている状態です。肌水分量を図ってみても、28%ほどでそれほど高めではないのですが、乳児のキメと変わりません。目指している状態にはほど遠いですが、自分の肌が頑張ってくれている様子は毎日の観察で分かるようになりました。

効果の高いケミカル化粧品を使った後はキメが奇麗にそろいますが、1週間以上使用を中止すると簡単に肌の状況が悪化します。

diagram02
これは当然の結果と言えるもので、ケミカル化粧品は肌そのものの力を高めているわけではないから、使用を中止すると奇麗になったはずのシミやシワなどが再び出現するのだそうです。

『ムーンナイトミルク』だけで夜のケアを終わらせると、物足りなさから肌の乾燥が気になりました。

IMG_2531
しかし、(夏ということもありますが)特に乾燥する部分はありませんでしたし、むしろ肌の調子はいいくらいです。常に気になっていた目の下の細かいシワも、それほど目立たなくなっています。

完全な脱ケミカルはハードルが高過ぎるので、上手に組み合わせていけたらいいかなと感じました。

<ムーンナイトミルクの全成分>
ダマスクバラ花水、プロパンジオール、水、α-グルカンオリゴサッカリド(バイオエコリア-免疫力向上)ツバキ油(保湿・整肌)、ヒマワリ種子油、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、(C14-22)アルコール(乳化剤-ヤシ、パームまたは菜種、トウモロコシ、小麦、キャッサバ)、ハチミツエキス(美肌)、ビルベリー葉エキス(抗酸化・抗ストレス)、カニナバラ果実エキス、シャクヤク根エキス(美肌-透明感)、加水分解オクラ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、ローズマリーエキス(血行促進・メラニン生成抑制作用)加水分解ハトムギ種子(保湿・美肌-透明感)キュウリ果実エキス(保湿・美肌-透明感)、月見草油、コメ胚芽油(抗酸化作用)、ダイズ油、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、サリックスニグラ樹皮エキス、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、イランイラン花油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、アルキル(C12-20)グルコシド(小麦)、キサンタンガム、トコフェロール、デキストリン、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール(植物油)、エタノール(サトウキビ)、BG(サトウキビ)

※天然100%(植物成分のオーガニック比率:96.1%)
※着色料・合成香料・鉱物油・パラベン・合成アルコール(エタノール)・合成界面活性剤・石油系成分・石油系防腐剤不使用

HANAオーガニック ムーンナイトミルク(30ml)の詳細はこちら

デメリット&メリット

デメリット

  • バラの香りが苦手な方には合わない
  • オールインワンとして使用するには脱ケミカルをしている必要がある
  • 白肌を手に入れるまでには時間が掛かる

◆バラの香りについて
バラの香りが苦手な方は多いと思います。私も苦手だと思っていたのですが、嗅いでみたら心地良い香りに感じました(女性ホルモンの分泌が減少しているといい香りに感じるそうです)。

バラの香りが苦手だと思う方にこそ、まずは試してもらいたいなと思います。HANAオーガニックには30日間の返金保証(開封後も可能)があるので、「耐えられないニオイだな~」と感じたら返品できます。

◆オールインワンについて
『ムーンナイトミルク』はオールインワン化粧品としても使用が可能ですが、脱ケミカルができていないと物足りなさだけが残ると感じました。

オーガニック化粧品を常用していない方は、化学化粧品と併用しながら徐々に減らしていくと効果を感じやすいです。

◆くすみ・シミの減少について
美白化粧品のように「スゴイ!本当に変化した!」という感覚はつかめません。くすみやシミを一気にクリアしたい方は、美白化粧品を使用した方がいいでしょう。

お勧めできるのは、今まで効いていたはずの美白化粧品が合わなくなってきたという方です。医療で例えると、薬物療法から食事療法に変えた後のような変化が感じられます(風邪をひいた時のことを想像してみてください)。

メリット

  • 刺激の強い化学製品が使われていない(敏感肌に適している)
  • 肌の再生力が強くなればコスパが高くなる
  • ホルモンバランスが崩れている時も安心して使える

◆化学製品について
HANAオーガニックの商品は厳しい基準をクリアしており、防腐剤・乳化剤・エキスの抽出剤などを含めて100%天然の成分で作っています。

敏感肌が化学製品に反応する原因の一つに、防腐剤や石油由来の成分による刺激があります。今まで問題がなかった基礎化粧品によって肌荒れを起こす場合も、化学製品の刺激が強すぎることが一因となります。

『ムーンナイトミルク』の成分は口にしても基本的には害がない植物なので、敏感肌や急に化粧品が合わなくなった方が使うのに適しています。

※食物アレルギーがある方は、植物の成分が肌に合わない場合もあります。

◆コスパについて
『ムーンナイトミルク』は30mlで通常価格が4,286円(税別)なので、決して安いとは言えません。しかし、肌が強くなればなるほど、使用量を減らしても問題なくケアができます。

diagram07
肌に問題を抱えている方は、ターンオーバーが年齢と同じ日数かそれ以上の日数を要するので、使用量を減らすまでに時間が掛かります。

コスパが良くなるまで最低でも1カ月半は掛かると思いますが、会員価格(3,800円(税別))や定期便価格(3,643円(税別))も用意されているので、続けるほどにコスパは高くなっていきます。

私はトライアルセットで3プッシュは必要だと感じましたが、2週間目で2プッシュに変更しました。

◆ホルモンバランスについて
生理前・出産後・閉経前など、女性には何度かホルモンバランスを崩す時期が訪れます。

基礎化粧品を初めて使用する時は生理後がベストですが、生理前の肌荒れを起こしやすい時期に試してみると違いが分かります。化学製品はホルモンバランスを崩した時に刺激を感じさせることがありますが、『ムーンナイトミルク』はホルモンバランスが崩れている時こそ力を発揮してくれます。

※使用感・メリット等は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

HANAオーガニック ムーンナイトミルク(30ml)の詳細はこちら

HANAオーガニック『ムーンナイトミルク』の評価とお勧めできる方

個人的な総合評価:星35個3.8

お勧めできる方

  • 愛用していた化学化粧品が合わなくなった方
  • 敏感肌でも美白を求めている方
  • エイジングケア用品の使用を中止するとリバウンドがひどい(シワ・毛穴など)と感じる方

基礎化粧品をHANAオーガニックの『ムーンナイトミルク』に変更するとメリットがある年代は、ずばりアラフォー世代です!

年齢に関係なく使えますが、アラフォーに差し掛かった方が使用をすることで、約10年後に訪れる閉経時の肌変化にも悩まされずに済むのだろうと実感しました(ホルモンバランスが崩れる時期でも肌荒れをせずに耐えられています)。

肌の調子を整えることに注力したい方は、『ムーンナイトミルク』の継続使用で肌の変化を実感できます。美白化粧品を使った時とは違う透明感が得られます。

今まで化学化粧品以外を使ったことがないという方には、私のように「夜のみ脱ケミカル」をお勧めします。肌の生き生きする感覚をつかんでみてください。

HANAオーガニック ムーンナイトミルク(30ml)の詳細はこちら

2種類のトライアルセット(ムーンナイトミルクを含む)もございます。
ホワイトケア重視のトライアルセット
保湿ケア重視のトライアルセット

長いレビューを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!