女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

2015年9月1日に発売された『ジェリー アクアリスタ』を含むアスタリフトのベーシックトライアルキットを使用してみました。

※「All Aboutビューティー ベストコスメ大賞2015」で、『ジェリー アクアリスタ』が通販コスメ編【アンチエイジング部門】第1位に選ばれました。

IMG_3245
現在でもフィルムカメラを趣味として使っているので、富士フィルムのフィルムは愛用中です(PRO400HやNATURA1600は常備しています)。しかし、アスタリフトのイメージキャラクターをしている歌手があまり好きではなく、何げなくずっと避けていた商品です。

実際に使ってみたところ、キメが荒れやすくて肌がぷよ~んとたるみ始めた方にお勧めできる商品でした。

アスタリフト(ハリ・うるおいケア)について

アスタリフトの原点は写真フィルムに生かされた技術です。光や色を届けるナノテクノロジー、肌と同じくらい含まれるフィルムのコラーゲン機能、写真の色汗を防ぐための抗酸化技術を採用しています。

写真フィルムの薄さ約20マイクロメートルと角層の厚さがほぼ同じであることから、必要な成分を必要な場所へ届けるナノ技術を生かすことができました。安定して必要な場所へ成分を送れるので、浸透感が早くてみずみずしい肌作りができます。

※人工皮膚でのテストでは約20秒で浸透したとありますが、角質がたまり過ぎていると浸透は妨げられます。この場合は厚くなった角質を取り除くことが重要であり、解決しない限りはナノテクノロジーのメリットが減少します。

<ハリ・弾力の主役成分>

  • ハリを与える赤のチカラ(サケ・エビ・カニの色にもなっているカロテノイドの一種)「ナノアスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油)」
  • 非常に不安定で浸透しにくい抗酸化作用のある成分ですが、富士フィルムのナノテクノロジーによって浸透性・安定性を高めています。シワ・たるみへの作用だけではなく、メラニンの合成を抑制する力も期待できます。透明感やうるおいを与える成分です。

  • 抗酸化作用のある美肌エキス「ナノリコピン(トマト果実エキス)」
  • 化粧品への配合が非常に難しいトマトやパプリカでおなじみのリコピンを、世界最小の70ナノメートルに縮小して配合しています。「アスタキサンチン」の力を3倍にまで高め、ハリ・弾力アップへの力を発揮します。

    <うるおいとハリ>
    3種のコラーゲン「水溶性コラーゲン」「加水分解コラーゲン(浸透性コラーゲン)」「アセチルヒドロキシプロリン(ピココラーゲン)」でハリを作り出します。

    「ピココラーゲン」は正確にはコラーゲンではなく、アミノ酸誘導体と呼ばれる成分です。コラーゲンの合成に力を貸す成分なので、肌に残っている力も発揮してくれます。

    <うるおいをキープするセラミド>
    ジェリー状先行美容液(ジェリー アクアリスタ)にヒト型ナノセラミド「セラミド3」「セラミド6Ⅱ」&ヒト型ナノアシルセラミド「セラミド1」をダブル配合しています(アスタリフト史上初)。

    • セラミド1:バリア機能を強化
    • セラミド3:保水と老化防止
    • セラミド6Ⅱ:キメを整えて柔軟性を保つ

    [/box]

    富士フィルム『アスタリフト ベーシックトライアルキット』の使用感

    『アスタリフト ベーシックトライアルキット』はドラッグストアやコンビニエンスストア(税込みで1,512円)でも見かけますが、公式サイトから販売されているトライアルキットを購入しました。

    IMG_3242
    商品はゆうメールで届きます。商品や入っている量は同じなのに送料は無料で1,080円なので、公式サイトから購入した方が断然お得です(『ジェリー アクアリスタ』がパウチかケース入りかの違い)。ただし、インターネットでの購入はひとり一つまでと決まっています。

    全てにダマスクバラの精油が含まれているため、リラックス作用が高いです。香料が含まれていなければパーフェクトだなと思いました。

    ジェリー アクアリスタの使用感

    <ジェリー アクアリスタの全成分>
    水、グリセリン(保湿)、ベタイン(天然アミノ酸系保湿剤)、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー(ハリ・弾力)、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(次世代型ビタミンC誘導体-美白・抗シワ・紫外線防止)セラミド1(保水-バリア機能)セラミド3(ヒト型セラミド-保水・抗老化)セラミド6Ⅱ(ヒト型セラミド-整肌)水溶性コラーゲン(保湿)加水分解コラーゲン(保湿)ヘマトコッカスプルビアリス油(抗酸化-アスタキサンチン)トマト果実エキス(抗酸化)アセチルヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体-バリア機能強化・コラーゲン合成促進・弾力アップ)、加水分解シロバナルーピンタンパク(紫外線吸収剤)、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(保水)、オレイン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)、ステアリン酸ポリグリセリル-2(乳化剤)、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース(ノニオン界面活性剤)、レシチン(乳化剤)、ダマスクバラ花油(抗炎症・抗酸化)、ラウリルカルバミン酸イヌリン(天然乳化剤)、オレイン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン


    手に取った時はぷるんぷるんですが、手のひらで伸ばすと水分状に変化します。

    既定の0.5gはわりと少ないです。物足りないと思うくらいに素早く浸透しますが、つけ終わった後は特にモチモチするわけではありません。

    『ジェリー アクアリスタ』に含まれる「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(次世代型ビタミンC誘導体)」には水溶性ビタミンC誘導体より10~100倍近い浸透性があると言われており、ビタミンCへの変換率が高い&浸透性が高いという特徴があります。変換率が高いということは、シワ・たるみなどの老化を食い止める力が強いということでもあります。

    ローションの使用感

    <ローションの全成分>
    水、グリセリン(保湿)、BG、ペンチレングリコール(保湿・抗菌)、リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)ヒアルロン酸Na(高分子ヒアルロン酸-保湿)水溶性コラーゲン(保湿)加水分解コラーゲン(保湿)ヘマトコッカスプルビアリス油(抗酸化-アスタキサンチン)トマト果実エキス(抗酸化)アセチルヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体-バリア機能強化・コラーゲン合成促進・弾力アップ)、トコフェロール、アルギニン(塩基性アミノ酸-保湿)、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン(キレート剤)、PEG-60水添ヒマシ油(乳化剤)、オレイン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)、ステアリン酸ポリグリセリル-2(乳化剤)、ステアリン酸スクロース(ノニオン界面活性剤)、レシチン(乳化剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(保水)、グルコシルルチン(抗酸化・抗炎症・血管増強)、キサンタンガム、ダマスクバラ花油(抗炎症・抗酸化)、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール


    ほんの少しだけとろみがあります。なじませるとサラサラに変化し、手のひらに吸い付くようになるまでは約1分ほどです。ローションも驚くほど浸透感がいいです(この時点ではモッチリ程度)。

    ローションには「リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)」が多く含まれているため、シミ・シワ・老化によるたるみ毛穴が気になる肌に合っています。

    エッセンス デスティニーの使用感

    <エッセンス デスティニーの全成分>
    水、BG、グリセリン(保湿)、ペンチレングリコール(保湿・抗菌)、ベタイン(天然アミノ酸系保湿剤)、PCA-Na(天然保湿成分(NMF))、ソルビトール(保湿)、リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)水溶性コラーゲン(保湿)加水分解コラーゲン(保湿)ヘマトコッカスプルビアリス油(抗酸化-アスタキサンチン)トマト果実エキス(抗酸化)プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス(レスベラトロール-抗糖化・抗炎症)、加水分解エラスチン(保湿-低分子エラスチン)、アセチルヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体-バリア機能強化・コラーゲン合成促進・弾力アップ)、トコフェロール、アルギニン(塩基性アミノ酸-保湿)、ローヤルゼリーエキス(保湿・抗菌作用)、加水分解水添デンプン(抗炎症)、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン(キレート剤)、PEG-60水添ヒマシ油(乳化剤)、プルラン、オレイン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)、ステアリン酸ポリグリセリル-2(乳化剤)、ステアリン酸スクロース(ノニオン界面活性剤)、レシチン(乳化剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(保水)、グルコシルルチン(抗酸化・抗炎症・血管増強)、グリコシルトレハロース(保湿)、キサンタンガム、ダマスクバラ花油(抗炎症・抗酸化)、クエン酸、水酸化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール


    ローションよりもさらにとろみを増したテクスチャです。『エッセンス デスティニー』も肌になじませるとサラッとしますが、あっという間に飲み込んでいく感覚が味わえます。指のすべりが止まるまでは約1分ほどで、ピンッというよりはふっくらモチモチ感のある肌ができ上がります。

    『エッセンス デスティニー』に含まれる「レスベラトロール(プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス)」はポリフェノールの一種で、主にコラーゲンのサポートや抗糖化・抗炎症が期待できる成分です。くすみがちな肌に力を貸すので、たるみやほうれい線のケアと同時に透明感のある肌作りにも向いています。

    クリームの使用感

    <クリームの全成分>
    水、BG、スクワラン(保湿)、エチルヘキサン酸セチル、ベヘニルアルコール、グリセリン(保湿)、PEG-75(コンディショニング剤)、メドウフォーム油(保水)、ステアリン酸ポリグリセリル-6(乳化剤)、ジメチコン(保水-シリコーン)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(保水)、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール(保湿・抗菌)、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、バチルアルコール(保湿-エモリエント剤)、水溶性コラーゲン(保湿)加水分解コラーゲン(保湿)ヘマトコッカスプルビアリス油(抗酸化-アスタキサンチン)トマト果実エキス(抗酸化)アセチルヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体-バリア機能強化・コラーゲン合成促進・弾力アップ)、トコフェロール、ローヤルゼリーエキス(保湿・抗菌作用)、オレイン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)、ステアリン酸ポリグリセリル-2(乳化剤)、ステアリン酸スクロース(ノニオン界面活性剤)、レシチン(乳化剤)、ダマスクバラ花油(抗炎症・抗酸化)、ステアロイルグルタミン酸Na、水添レシチン、キサンタンガム、EDTA-2Na(酸化防止)、香料、フェノキシエタノール


    これまでの成分を閉じ込めるかのようにピタッと張り付く感じがします。しかし、かためのテクスチャのわりには、肌なじみが良いクリームでした。

    夜はフルコースでも気にはなりませんが、朝のケアではどこかの工程を省いた方がいいかもしれません。おそらく、普通肌や脂性肌の方は量を調節しないとお化粧がしにくくなります。

    公式サイトはこちら
    フジフイルムのスキンケア化粧品『アスタリフト』トライアルキット

    5日間の肌変化(キメ・毛穴・肌水分・シワ)

    ◆キメの変化は?
    astakime
    トライアルキットにしては日数が少ないので、キメの変化はほぼ期待していませんでした。しかし、3日目にはだいぶ皮溝(溝)と皮丘(三角や四角の模様)がしっかりしていますし、5日目はくっきりと整っていて毛穴もそれほど目立っていません。

    ◆毛穴の変化は?
    astakeana1
    キメのところでも分かるように、毛穴に対するケアも期待していい商品です。

    ◆肌水分の変化は?

    測定部位洗顔後5分後30分後
    右頬27.2%28.3%28%
    目尻26.5%28.7%28%

    翌朝は27.9%/28%(右頬/目尻)となっていました。5日間の平均は27.8%/28.2%(右頬/目尻)です。

    アスタリフトは『ジェリー アクアリスタ』に水分をキープするセラミドを、『クリーム(AL クリームR)』に水分の蒸発を食い止めるのに絶大な効果を発揮するジメチコン(シリコーン)を含んでいます。保水力は高いかなと思っていましたが、思ったよりも高くはありませんでした。長期間で使用をしないと実際の変化は分かりませんが、トライアルだけだと低湿度に耐えるのは難しいかなと感じました。

    ◆シワの変化は?

    上まぶたのたるみは少し軽減されていますが、ちりめんじわは大した変化がありませんでした。浸透力が高めでも、やはり5日間のトライアルでは7日や10日のトライアルほどの変化は感じられないです。

    ※管理人(ちいちい)の肌における変化ですので、全ての方に同じ変化が起きるわけではありません。

    公式サイトはこちらフジフイルムのスキンケア化粧品『アスタリフト』トライアルキット

    富士フィルム『アスタリフト ベーシックトライアルキット』のデメリット

    • 全てにコラーゲンが含まれるので、ラインで使うとベタつきを感じる。
    • 保湿力は高いが、保水力はそれほど高くはない。
    • 全ての肌に合うわけではない。

    ◆ベタつきについて
    全ての商品にコラーゲンが含まれているので、通年で乾燥肌に悩まされている方以外だとベタつきを感じる可能性が大です。高湿度の時期は使いにくいでしょう。

    個々に良さがあるのでなんとも言えませんが、夜だけライン使いをして朝は美容液とクリームまたは化粧水とクリームだけにとどめるなどの工夫が必要です。公式サイトの口コミでは全体的に50代・60代からの支持が高いので、皮脂を作り出せる力が残っている肌だとベタベタします。

    ◆保水力について
    保水力は決して悪いとは言えませんが、含まれている成分の役割から考えるとそれほど高くはないという印象です。目立つほうれい線・たるみや深いシワで悩まされている肌だと、時間を掛けてケアをする必要があります。気になり始めたくらいの肌であれば、特に問題なく結果が見い出せるでしょう。

    ◆肌質について
    ナノ化をしている全ての化粧品は万人向けとは言えません。浸透をさせるためには界面活性剤や乳化剤が必要なので、肌が弱い方は荒れたり吹き出物ができたりといったデメリットがあります。必要な成分が必要な部分に届くという意味ではすばらしい技術ですが、肌が弱いという自覚がある方はパッチテストをしてください。

    また、防腐剤として配合されている「ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル」は、「パラベン」よりも抗菌効果が高いために配合量が規制されている成分です。配合量は1%未満というごくわずかな量ですが、人によってはアレルギーを起こす可能性があるので、アスタリフトの商品を初めて使用される方はトライアルからスタートした方がいいでしょう。

    富士フィルム『アスタリフト ベーシックトライアルキット』のメリット

    • キメが整いやすく透明感が出やすい。
    • 女性ホルモンが減少し始めた(あるいは確実に減少した)年代に合う。
    • 購入のしやすさが魅力的である。

    ◆キメについて
    肌にとって必要な成分を必要な場所に届かせるから、キメの整い方は想像以上に早いです。キメが粗すぎる方は5日間で結果は出ませんが、1カ月もケアを続ければ質感の変化に気付けるでしょう。キメが整うと透明感が増したようにも見えるので、くすみがちな肌に悩まされている方はケアを続ける価値があります。

    ◆女性ホルモンについて
    『アスタリフト』には、オーガニック化粧品でポピュラーなダマスクバラの精油が使用されています。バラにはストレスを軽減する作用や女性ホルモンに働きかける作用があり、特に女性ホルモンが減少してくる40歳以上にはいい香りと感じることが多いようです(女性ホルモンが多いと嫌な香りに感じることも!)。メインの使用ではないのでバラの力が最大限に発揮されることはないですが、スキンケア中に鼻から入ってくる香りで脳がリラックスをし、スキンケアの効果が発揮される可能性が高まります。

    ◆購入のしやすさについて
    アスタリフトの本商品はドラッグストア・スーパー・直営店など、さまざまなお店で購入が可能です。いつでもどこでも手に入るという購入のしやすさは、大きなメリットといってもいいでしょう。

    店舗まで購入しに行くのが面倒だという方であれば、通販の利用もできて便利です。通販なら定期お届けサービスで割引もしてもらえます。

    定期の特典
    • 定期割引10~15%オフ
    • 定期以外の商品も10%オフ
    • 送料無料
    • 好きなお届け日の設定や5つのお届け間隔(1カ月、1カ月半、2カ月、2カ月半、3カ月)
    • 変更・休止・再開が自由

    ※使用感・メリット等は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

    体験してみての評価とお勧めできる方

    個人的な総合評価:星35個3.5

    お勧めできる方

    • 肌のたるみが気になり始めた30代後半から40代の方
    • キメが粗くてザラザラ感のある肌の方
    • 極度の乾燥肌の方

    5日間ではエイジングケア(ハリ・たるみ・しわ)に向いているかどうかを判断しがたいので、マイナス1.5ptとさせていただきました。1,000円なので文句は言えませんが、せめて7~10日間くらいのトライアル期間が欲しいところです。しかし、キメの変化が早い段階で現れたことや、実店舗でも購入ができる便利さなどを考えると継続しやすい基礎化粧品だと思います。

    アスタリフトの基礎化粧品(本商品)は清潔に交換ができるレフィル対応型になっているので、価格を抑えて購入できる点も高ポイントです。

    公式サイトはこちら

    長いレビューを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!