女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。

このブログを開始するにあたって、現在のスキンケア・ベースメイクを記しておきます(自己紹介は運営者情報に記した通りです)。

これからレビューしていくスキンケア用品のために、手始めに肌水分の測定器も購入しました。現状の肌水分からどのような変化を遂げるのか、私自身が非常に楽しみにしています!

[スポンサーリンク]

基本の洗顔フォームとスキンケア用品

実は基本のスキンケア用品は特に決まっていませんが、ここ3年くらいはちふれ化粧品のスキンケアラインをベースにしています。

◆洗顔フォーム&基礎化粧品
IMG_1311

左から順に
  • ミヨシ 無添加せっけん泡のボディソープ
  • ちふれ化粧水 ノンアルコールタイプ
  • ちふれ美容液 ノンアルコールタイプ
  • 大島椿 ヘアオイル

突っ込みどころがたくさんあるかと思います(笑)。

まずは洗顔フォームから説明させていただくと、以前は泡の洗顔せっけんを使用していました。ところが、具体的な成分を見てみるとうるおい成分(天然油)が配合されています。汚れだけを落とす100%純せっけんであるボディソープの方が泡落ちが良い上に、体にも使えるのでこれ1本にしています。

洗顔の際は、ワンプッシュを泡立てネットでよく泡立て、泡の力だけで洗っています。ほぼこすらない洗顔を実行しています。

ちふれの化粧水と美容液は、敏感肌ではありませんがノンアルコールタイプを使用しています。理由は単純に安くて使い心地がいいからです。

大島椿のヘアオイルは、通常は髪に使用するオイルです。しかし、真冬に乾燥しがちなボディに使用したら、乾燥が気にならなくなりました。

真冬だけはUゾーンのカサつきが気になっていたので、化粧水・美容液の後にほんの1滴抑えるように顔になじませてみたら、ボディと同じく気にならなくなったので使用しています。下手な乳液やクリームよりも、肌がふっくらとするような気がします。

ico05-005ミヨシの公式サイト
ico05-005ちふれの公式サイト
ico05-005大島椿の公式サイト

普段のベースメイク用品

ベースメイクは石けんで落ちる商品を使用しています。若い頃はあれこれ冒険しましたが、何を使用してもファンデーションが顔に張り付いている感じが気に入らず、毛穴だけを目立たなくさせるものを探しました。

◆ベースメイク用品
IMG_1449

左上から時計回りに
  • チャンティックマニス ミネラルホイップベース
  • チャンティックマニス ミネラルパウダーファンデーション00
  • オンリーミネラルファンデーション8(2.5g)
  • 持ち運び用ブラシ(商品名は不明)
  • オンリーミネラル専用ブラシ
  • チャンティックマニス ミネラルスティックコンシーラー(ナチュラルベージュ)
  • ギャッツビー パウダーあぶら取り紙

チャンティックマニスの商品に関してですが、基本的にファンデーションで全てを隠したい方には向きません。厚塗りが大嫌いな私にとっては、つけている感覚が全くないこちらの商品は大ヒットで、かれこれ3年ほどは愛用しています。

近所に買い物に行くくらいならパウダーのみでOKです。ちょこっとお出かけの場合は、ホイップベース&コンシーラーをプラスするとつるんとした肌を演出できます。脂が浮き出ても、絶対によれることはありません。

オンリーミネラルファンデーションは、初めて使用したミネラルファンデーションです。普通のファンデーションに比べるとつけ心地は軽いですが、チャンティックマニスに比べると顔に粉が乗っている感じがしてしまいます。

現在は化粧直し用に持ち歩いています。持ち歩きには不向きという口コミが多いですが、シェイクされてふたに粉が飛び散り、わざわざ振り出さなくても済むからかえって持ち歩きに便利だと思っています。

オンリーミネラル専用のブラシは、チャンティックマニスのミネラルファンデーションに使用しています。パフでつけるよりも奇麗に乗りますし、何よりもこのブラシの使い心地が気持ち良くて気に入っています。

ギャッツビーのパウダーあぶら取り紙は男性用ですが、女性用のあぶら取り紙では3枚くらい必要なので、1枚で事足りる男性用を愛用しています。パウダーがついているので、化粧直しが面倒な時でも大活躍します。

ico05-005チャンティックマニスの公式サイト
ico05-005オンリーミネラルの公式サイト
ico05-005ギャッツビーの公式サイト

肌水分について

冬にUゾーンのかさつきが気になるようになるまで、肌の水分量は測ったことがありませんでした。季節や冷暖房などによって変動はあるようですし、肌水分が多ければ良いというわけでもないようです。

そうはいっても、保湿はスキンケアにおいて重要であることには変わりありません。せっかくスキンケアを行っていても、うるおいが保てていなかったら悲しいですよね?

このブログを立ち上げるにあたり、自宅で簡単に測れる肌水分測定器を購入しました。毎度毎度、測りに行くのは面倒だからです。

肌水分測定器
購入したのは、『スカラ モイスチャーチェッカー MY-808S』という商品です。

数千円台の肌水分測定器もたくさんありましたが、安いものはパーセンテージで表してくれないようなので、ちょっと奮発をして『スカラ モイスチャーチェッカー MY-808S』を選びました。

IMG_1298
センサーは1.0×0.8cmで、押し当てるだけで簡単に測定が可能です(使い方はとても簡単!)。

スカラ モイスチャーチェッカー MY-808S
軽く押し当てるだけで良いとのことですが、多少は食い込ませないと測定値が低くなりやすいです。最初は力の加減が分かりませんでしたが、肌が痛くない程度に食い込ませると正しく測れることが分かりました。疑い深い性格なので、測定をする時は3回測って平均値を出すことにしました。

測定部位洗顔後スキンケア5分後
右頬32.9%34%
目尻24.8%35.4%

紫外線を浴びた後に洗顔をしたので、目尻の水分量が比較的少ないですね。基本のスキンケアの後は30%台にまで戻ったので、しっかりと保湿はできたのかなと感じました。

夏は冷房で乾燥しやすいと言われていますが、私は基本的に冷房を入れることがないので、1日中冷房に当たっている人たちよりは乾燥しにくいと思っています。夏は乾燥よりも毛穴の開きの方が気になります。

[スポンサーリンク]

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。