女魅力UPブログ-アラフォー向けスキンケアのレビュー
元ダイバーの肌を焼いて後悔をしたアラフォー主婦が、“女性の魅力アップ”を目指して奮闘しているブログです。

女魅力UPブログ管理人のちいちいです。美顔器レビュー第五段には、自宅エステができる『Re;Born+(リボーンプラス)』を選びました。

肌のハリ不足としわに悩まされている方が、時間を掛けずにお手入れできる美顔器を探しているなら使っていただきたい商品です。「エイジングケア用美容液」と「ハリ・弾力・保湿用美容液」の合わせ技が使えるので、幅広い世代で納得のいく仕上がりになると思いました。

関連記事アラフォー向け美顔器を徹底比較

『Re;Born+(リボーン)』ってどんな美顔器?

こだわりの機能
  • エレクトロポレーション:肌表面に微弱な電気刺激を与え、浸透力を高める。分子量のお大きいヒアルロン酸やコラーゲンなどを角質層の奥まで浸透させる。
  • イオン導入:微弱電流を流しながら、肌に浸透しにくい美容成分を浸透させる。水溶性ビタミンCに向いている。
  • 3色LEDフォトフェイシャル:5種類の光で生き生きした肌を作り上げる。
  • EMS:筋肉への刺激により引き締め効果が期待できる。
  • RF高周波:インナーマッスル(深層筋)の刺激に効果的である。

LEDフォトフェイシャルを導入している美顔器は他にもありますが、5種類の組み合わせが可能である点が肌に違いを感じさせるポイントです。

電源をオンにした時点で3色の連続光が点灯し、LED SELボタンを押すごとにイエロートリートメント→レッドトリートメント→ブルートリートメント→フラッシュトリートメントに切り替えられます。

  • 3色:トータルエイジングケア(複数の悩みにまとめて対応)
  • 黄色:透明感
  • 赤色:肌荒れ、ハリ・ツヤ・弾力肌
  • 青色:皮脂、肌のダメージ
  • 点滅:刺激を与えて角質層に美容成分を浸透

複数の悩みをまとめてスキンケアできたり、ピンポイントでスキンケアできたりと万能な美顔器です。

美容成分を浸透させながら、程よく筋肉の刺激も行うので、特に肌のハリ感や乾燥によるシワに対しては違いを感じさせてくれます。

1日に10分の使用で、週に2回だけの使用なので、「面倒くさがり屋だけどお手入れはキッチリとしたい」という方が使いやすい美顔器です。

スタートガイドに書かれているのですが、『Re;Born+(リボーン)』は顔以外にも使える優れものです!

40歳を超えると二の腕が非常に気になりませんか?美容液を使用するのはもったないですが、痩身(そうしん)用のジェルなどを使えばボディーエステに早変わりします。価格は張りますが、この点を考慮すると購入して損はないのかなと感じました。

『Re;Born+(リボーン)』の使用感

美顔器『Re;Born+(リボーン)』の使用感は?

ヘッドが程よくカーブしているので、頬・あご周り・首・額の全てにフィットしやすいです。

リボーンの基本トリートメントはフェイストリートメントとネックトリートメントです。

顔が10分、首が5分と書かれていますが、私は面倒なので10分で全てのトリートメントを行いました。

ジンワリと温かさは感じるものの、レーザーのような痛みは感じられませんでした(肌表面がうるおっていることが条件)。使用中にストレスを感じることはありません。

専用美容液はスポイト製です。適量を取り出せるから便利ですが、3〜4プッシュは必要なために使い勝手は悪かったです。

専用美容液の使用感は?

『美容液AA(エイジングケア用)』は、「整肌因子」「EGF」「fiflow BTX(パーフルオロヘキサン、パーフルオロパーヒドロフェナントレン、パーフルオロデカリン、パーフルオロジメチルシクロヘキサン←しわ膨潤剤)」が配合された美容液です。

「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」には、肌の弾力性に必要なコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを失いかけた肌を生き生きさせる成分です。

美顔器の本体を使用しなくても保湿・保水力は高かったです。就寝前の水分量・油分量が「56.8%/20.2%」で、起床後の水分量・油分量が「57.1%/18.9%」でした。水分量が就寝前よりも上がっており、肌の表面はサラッとしていました。

<美容液AAの全成分>
水、グリセリン(保湿)、BG、DPG(ジプロピレングリコール)、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスリンゴ果実培養細胞エキス(抗酸化)プラセンタエキス(ウマ-美白)ヒトオリゴペプチド-1(EGF-表皮のサポート)、カプリロイルジペプチド-17(皮膚保護剤)、パーフルオロヘキサン、パーフルオロデカリン、パーフルオロパーヒドロフェナントレン、パーフルオロジメチルシクロヘキサン、グリチルリチン酸2K(抗炎症、抗アレルギー)ヒアルロン酸Na(高分子ヒアルロン酸-保湿)、ヒアルロン酸アスコルビル(ヒアルロン酸とビタミンCの誘導体)、ポリクオタニウム-51(リピジュア/保湿-ヒアルロン酸の約2倍)セラミド1(保水-バリア機能)セラミド3(保水・抗老化-ヒト型セラミド)セラミド6Ⅱ(整肌-ヒト型セラミド)、フィトスフィンゴシン(保水&整肌)、ダイズ種子エキス(抗炎症・保湿・美白)、ベタイン、カルボマー、キサンタンガム、リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(保水)、水添レシチン、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、酢酸トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸、ジオクチルドデセス-5、水酸化K、エタノール、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

『美容液SS(ハリ・弾力・保湿)』は「ヒアルロン酸」「三種のコラーゲン」が配合された美容液です。少しベタつきを感じるので、朝のスキンケアでは避けた方がいいと思いました。

モッチリとしたハリ感が感じられ、美顔器との併用によって肌の見た目年齢が変わったように感じられました。

肌の水分量・油分量は、就寝前が「57.8%/20.1%」で、起床後の水分量・油分量が「57.5%/19.6%」でした。『美容液AA』との合わせ技だと、「59.8%/19.7%」と肌水分量が上昇しました。

<美容液SSの全成分>
水、グリセリン(保湿)、BG、ベタイン、DPG(ジプロピレングリコール)、ヒト脂肪細胞順化培養液エキススイゼンジノリ多糖体(保水)加水分解コラーゲン(浸透性コラーゲン-保湿)加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸-保水)、加水分解シルク(保湿)、水溶性コラーゲン(保湿)、ヒアルロン酸Na(高分子ヒアルロン酸-保湿)、ヒアルロン酸アスコルビル(ヒアルロン酸とビタミンCの誘導体)、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、カプリロイルジペプチド-17(皮膚保護剤)、グリチルリチン酸2K(抗炎症、抗アレルギー)、アラントイン(抗アレルギー&細胞修復作用)、サクラ葉エキス、チャ茶エキス、カミツレ花エキス、セルロースガム、カルボマー、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、酢酸トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エタノール、水酸化K、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

どちらの美容液にも防腐剤としてエタノールが使用されていると思うのですが、エタノールに反応する方は避けてください。

【Re;Born+】の公式サイトはこちら

2カ月の肌変化(毛穴・キメ・たるみ・シワ・シミ)

◆毛穴の変化は?

大きく変化した感じはしなかったのですが、10日後と60日後を比較するとなめらかさがアップしたように感じました。

◆キメの変化は?

キメは奇麗に整っています。皮溝(溝)と皮丘(三角や四角の模様)は奇麗に出るようになりました。

◆たるみの変化は?

写真だと変化が分かりづらいですよね?

個人的に感じたことは、持続性はあまり感じられないということです。ただし、使用後2日間くらいはスッキリ感をキープしていました。

『Re;Born+(リボーン)』は週に2日ほどの使用を推奨しているので、美顔器と美容液の使用を継続すればたるんだ印象から開放されるのでしょう。

※写真でシュッとしているのは使用した翌日、少したるんとしているのは使用3日後の状態です。美顔器の使用日以外は専用美容液を使用しておりません。

◆シワの変化は?

美容液のおかげで保湿はできますが、深いシワに効果的な美顔器ではないので、私自身が悩む目の下のシワに大きな変化は感じられませんでした。

保湿・保水ともに申し分がないので、乾燥ジワで悩んでいる方であれば肌の表面に違いは感じられるでしょう。

◆シミの変化は?

念のため、シミの変化に関しても観察してみました。

「シミに効果的です」とはどこにも書かれていないので、特に大きな変化は感じられませんでした。

※管理人(ちいちい)の肌における変化ですので、全ての方に同じ変化が起きるわけではありません。

【Re;Born+】の公式サイトはこちら

『Re;Born+(リボーン)』のデメリットとメリット

『Re;Born+(リボーン)』のデメリット

  • 価格が高い。
  • 使用中に美容液が乾きやすい。
  • 充電が面倒くさい。

◆価格について
毎月お届けコースがお得なコースとして推奨されていますが、美容液の12回継続が必要であり、決して安くはありません。

  • 通常価格:131,600円(本体120,000円、美容液2本11,600円)
  • 毎月お届けコース:115,340円(本体0円、初回のみ7,540円、2回目以降9,800円)

※どちらも税抜き価格です。

毎月お届けコースには美顔器の1年保証が付いていますが、それ以降に故障が起きたら高い買い物になりかねません。

◆美容液の乾きやすさについて
翌朝の肌水分量によると浸透をしていることは確実ですが、使用中(10分間)に一度は付け足さないと乾いて痛みを感じます。

美容液がスポイト式なので、途中で付け足すのは非常に面倒でした(出しにくさと手を拭かなければいけないのと)。

◆充電に関して
充電しながらの使用ができないため、充電を忘れると使用したい日に使用できません。

レベル4にして約4回分の使用ができましたが、1週間に一度は充電をした方が良さそうです。

『Re;Born+(リボーン)』のメリット

  • 週2でOKなので、面倒くささが全くない。
  • 使用後から数日間の引き締め感・ハリ感が高い。
  • 肌の乾燥が起こりにくい。

◆面倒くささについて
『Re;Born+(リボーン)』は毎日の使用を控えるように推奨されているので、毎日のお手入れに美顔器を使用するのが面倒だと思う方に使いやすいです。専用美容液はオールインワンとしても使用が可能なので、美顔器の使用日以外のお手入れも楽にできます。

◆引き締め感・ハリ感について
照射した翌日の肌は引き締まっていてハリも感じられます。

先に持続性はないとお伝えしましたが、2〜3日は引き締め感・ハリ感が感じられます(体調によっても変動する)。推奨されている使用方法だと3日に一度くらいの間隔で照射をするので、新陳代謝がうまくいっている方であれば持続感も感じられるでしょう(これに関しては個人差が大きい)。

◆肌の乾燥について
『美容液AA(エイジングケア用)』『美容液SS(ハリ・弾力・保湿)』ともに保湿・保水の力を感じられます。美顔器を使用することにより角質層に満たされるのか、時間がたってもうるおい感は続きます。

肌の乾燥が起こりにくいので、ファンデーションのノリが良くなり、日中の肌もキメ細やかに見えます。

※使用感・メリット等は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

2カ月体験での評価とお勧めできる方

個人的な総合評価:星35個3.5

お勧めできる方

  • エステ・美容クリニックに通う時間がない方
  • キメの整った陶器肌を目指したい方
  • 毛穴開き・二重あご・頬のハリ低下が気になっている方

キメの整い方やあご周り・頬のもたつきは徐々に軽減される実感がわいたり、ボディーケアに使えたりするので、使用し始めると価格の高さを感じさせません。肌のハリを失い、肌に触れた指が跳ね返ってこない状態の方だと、触った時のモチモチ感に感動するはずです。お手入れをする場所を選ばないので、リラックスタイムを過ごしながらながら使用ができます。

普段のスキンケアだけだと太刀打ちできなくなってきたと感じる方であれば、一台は常備しておくといざという時に便利です。マイナス5歳は言い過ぎですが、マイナス3歳肌くらいは保てます。全身に使用できる点もポイントが高いと感じました。オールマイティタイプの美顔器は初めてでした!

細かい評価を記しました。

肌の悩み満足度
毛穴の開き星4個

劇的な変化を感じたわけではないが、ファンデーションの毛穴落ちを感じにくくい。
ニキビ跡星1個

特に変化は感じられない。
くすみ星5個

透明感を感じやすい。
シワ星35個

深いシワには効果的ではないが、乾燥によるシワには効果的である。
たるみ
(ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインなど)
星4個

二重あごになりにくく、頬の周りもスッキリする。
肌のキメ星5個

目視でもなめらかさを感じ、ファンデーションのノリが良くなった。
シミ星1個

特に変化は感じられない。
肌のザラつき星45個

キメが整うにつれて、肌表面のなめらかさも増してきた。

1回の使用時間は10分と長いものの、1週間のトータルケア時間は20分だけなので、時間を掛けずにお手入れできる美顔器を求めている方にお勧めです。

公式サイトはこちら

長いレビューを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!